英会話教室で身につけるスキル〜英語がペラペラになるマル秘テク!〜

教師に最適な試験

婦人

日本語教師には、とても有利になります

日本語教育能力検定は、日本語を教える先生が、水準に達している知識を持ってるかどうかを確認する試験のことを言います。国家試験ではないのですが、日本語教育能力検定に受かれば、日本語教師の有資格者となることができます。合格率は毎年20パーセント弱なので難しい試験です。しかし、日本語教育能力検定を持っていることにより、就職にはとても有利になります。1986年からスタートし、第一回目の試験は1987年に行われました。2011年には、一部改訂が行われ、合格率がやや少しだけ上がりました。受験者数は毎年1000人くらいの方が受けられますが、難易度が高いため、年々受ける人は減少傾向にあります。日本国外からは受験できませんので、日本国内から受験可能となっています。

日本語教師は需要があります

年々、国際社会が広がる中で、海外から日本に来たい、日本で働きたいという外国人が増えています。その人達のためにも、日本語教師というのは素晴らしい仕事になります。海外でも日本語は学べますが、やはり日本人から、日本文化を直に学べる方がより、身に染みるのではないでしょうか。日本語教育能力検定を受ける人が少ない日本で、まず、日本語教育を推進する団体や機関が日本語教育の重要さを広めていくことが必須となってくるでしょう。すでに事業は始まってると思いますが、それを持続して拡大することが大事と言えます。また、日本語教育といえど、まだまだ認知度は少ないです。そこで、日本語教師という職業を知ってもらうなどの行動も広めていくことでしょう。日本語教育能力検定を受けて、さらに日本語教師が増え、益々広がる国際社会に準備できるといいですね。