英会話教室で身につけるスキル〜英語がペラペラになるマル秘テク!〜

試験に受かるコツ

女の人

日本語教育能力検定試験とは、その名の通り日本語を教える能力があるかどうかを検定する試験です。検定試験は難しく、2011年の試験の合格率は約27%と低めです。また、検定試験は年に一度しか無いため、一度試験に落ちた場合次にチャレンジできるのが一年後と非常に期間が長いです。そのため、日本語教育能力検定試験に合格するためにはできる限りの勉強をする必要があります。
勉強方法としては、独学で勉強するか、養成講座で勉強するかの二択となります。前者の場合、過去問や問題集を買って勉強することになります。メリットとしては非常に安価であり、自由な時間を使って勉強するのでスケジュールに無理なく詰め込むことができるということです。しかし、注意点としては独学だけでは勉強のポイントや試験の傾向をつかむのは難しいため、できるかぎり知識を詰め込む必要があります。養成講座に通う場合、メリットは効果的な授業できることと、試験の要点を掴んだ勉強ができる他、わからないところは講師に質問ができるのでより効果的かつ効率的な勉強が可能です。しかし、養成講座によっては金額が高くついたり、場所が遠い場合はモチベーションの維持が難しいということです。日本語教育能力検定試験に向けての勉強で養成講座に通う場合は日本語教育能力検定の養成講座でおすすめの学校を探すことから始まります。ネットで検索して、口コミや実績、評判などを調べ上げ、できるだけ家から近い場所に通いましょう。